処暑

今日は19日が祥月命日だった、お義母さんのお墓参りに行ってきました。
処暑とはいうものの、ここのところ残暑の日々、
田んぼも畑も、この暑さで元気回復してくれるといいのだけど。

お墓は東京郊外の丘陵地帯、
緑も多くて薄曇りの木陰は涼しい風が吹いていました。

あれ、桜の葉が色づいている、
c0114872_17582635.jpg

へ~と思っていると、
また小さな秋みつけた♪
c0114872_17585550.jpg

ん?でも変ね、
葉がついてるし、どんぐりも緑色。
よく見るとあちこち同じようなものが落ちている。
もしかしたら、鳥が落としていったのかな
そうだよね、いくらなんでもまだ秋とはいえない気候だもの。

お参りを終えて
高尾の駅にもどり、いつものお蕎麦屋さんでお昼。
必ず食べる山菜の盛り合わせ、
山ウドに、ワラビ、シメジに、蕗の花、
みんな薄塩味につかっていて、最高に美味しい。

c0114872_17594563.jpg

夫と二人でビールの中瓶を一本、冷たくて美味しい~♪
最後に名物とろろ蕎麦、ああ、しあわせ。

お墓参りからもどると、叔母から毎年恒例のケーキが届いていました。
叔母は父の12歳年下の末の妹、小さな頃は隣に住んでいて
私の幼い頃からをずっと見てるからでしょうか、娘のように可愛がってくれます。
こんな歳になるのに、
ローソク5本プラス1本までついて、名前まで書いてあって(笑)
ありがとうの電話をすると、
〇〇ちゃんの生まれた日、
9年間待って待って、そりゃあもうお父さんもお母さんも喜んだんだから、
もちろん叔母さんもね。
お母さんのこと思い出しちゃうよ、と、懐かしそうに。

c0114872_188555.jpg


そうだよね、この日はありがとうの日、
だからやっぱり書いておこうと思いました。
ひとつ歳を重ねた今日は処暑。
[PR]
by kisaragi87 | 2009-08-23 23:14 | 日々雑感
<< ふり向けば君がいる はじめてのチュウ >>