大根の月

今朝、ベランダで洗濯物を干していたら、南の空に大根の月が出ていた

c0114872_1422146.jpg


白くて薄くて、ちょうど輪切りにし損ねた大根みたい
透き通って、あっちが見えそうでしょ。。
もっときれいに撮れればよかったけれど、これが限界(笑)

この大根の月という言い方は、向田邦子が小説の中で使っていた言葉
その話自体は忘れてしまったのに、
大根の月という言葉だけ、やけにくっきりと記憶に焼きついてしまい
それ以来、こんな月を見ると、
『 あっ、大根の月。。 』 とつぶやいている。

大根の輪切りって、けっこう難しい。
よく祖母が、お正月の大根なますを作るときに、上手に輪切りにしていたっけ。
うすければ、薄いほどいいのよ。
そう言いながら、スライスしていく。
見事に、ペラペラになっていく大根に見とれていた。

いまだに、あの時の祖母のようには輪切りができない。
そして、もうひとつ、祖母のようにできないのが運針。
機械のように、正確な目で縫い上げられていく布たちが、
祖母の言うことをきちんときいているかのように、みるみる仕立てあがっていく。

ああ、まだまだ修行が足りないなぁ。

c0114872_14331120.jpg


アマリリスが咲きました。
[PR]
by kisaragi87 | 2007-03-12 14:29 | 日々雑感
<< 振り袖 手を合わせるということ >>